神社奉拝

官国幣社巡りの記憶

護王神社

 


京都府京都市上京区烏丸通下長者町に鎮座する神社。

別格官幣社

和気清麿朝臣和気広蟲 を主神とし、藤原百川・路豊永を配祀する。

例祭は4月4日。

 

f:id:english_maf:20180928115627j:plain f:id:english_maf:20190217101608g:plain

 ご神紋は「向かい四つ藤」(ご神紋の画像は家紋市場より)。

  

 

参道と境内

境内まで

御所西側の蛤門の近く、京都市の主要な南北の通りの一つである烏丸通に接して鎮座する。

 

f:id:english_maf:20180928120115j:plain

f:id:english_maf:20180928120146j:plain

f:id:english_maf:20180928120243j:plain

 

 

社号標

f:id:english_maf:20180928120345j:plain

 

 

鳥居は一般的な名神鳥居である。

f:id:english_maf:20180928120449j:plain

 

 

 狛猪

和気清麿が宇佐へ配流の際に道鏡から送り込まれた刺客に襲われたが、突如現われた300頭の猪によって難事を救われたとの伝説から、明治23年(1890年)から狛犬の代わりに「狛猪」が置かれている。

f:id:english_maf:20180928120758j:plain

f:id:english_maf:20180928120808j:plain

 

 

 

境内 

神門と手水舎

f:id:english_maf:20180928121144j:plain

 

 

拝殿

正面三間側面二間入母屋造妻入、檜皮葺素木造。

f:id:english_maf:20180928121328j:plain

f:id:english_maf:20180928121345j:plain

f:id:english_maf:20180928121645j:plain

f:id:english_maf:20180928121725j:plain

f:id:english_maf:20180928121759j:plain

 

祝詞

向唐門、檜皮葺素木造。

f:id:english_maf:20180928122012j:plain

 

 

本殿

一間社流造、檜皮葺素木造。写真では祝詞舎の奥。

f:id:english_maf:20180928122121j:plain

 

 

神饌所。祝詞舎に接する。

f:id:english_maf:20180928122628j:plain

 

 

摂社・末社

武内神社

手前から

警察消防招魂社、久邇宮家御霊殿、祖霊社

f:id:english_maf:20180928122928j:plain

 

 

 

碑など

吉井勇歌碑

吉井 勇(よしい いさむ(1886(明治19年)10月18日- 1960年(昭和35年)11月19日)は大正から昭和にかけての歌人・脚本家。

f:id:english_maf:20180928123432j:plain

 

f:id:english_maf:20180928124436j:plain

 

和気清麿公像

f:id:english_maf:20180928123551j:plain

 

さざれ石

 

f:id:english_maf:20180928123520j:plain

 

 

 

 

祭神

和気清麿・和気広蟲

和気 清麿(わけ の きよまろ)は備前国藤野郡の出身。奈良時代の末に皇位を奪おうとした弓削道鏡の野望を、その身を賭してこれを挫き、万世一系の皇統を護持した。また、桓武天皇の御代には平安京への遷都を献策し、造宮大夫(剣民部卿)に任ぜられて都造りに精魂を傾けた。

従三位民部卿兼造宮大夫美作備前国造。薨去後、贈正三位明治31年(1898年)には薨後1100年を記念し贈正一位となった。

和気 広蟲(わけ の ひろむし)は和気清麿の姉。孝謙天皇に仕えた。孤児の養育に励む。

従四位上。没後、贈正三位

 

 

f:id:english_maf:20180928130740j:plain

 

 

由緒

 

初め山城国葛野郡梅ヶ畑村高尾山にある神護寺の境内にあった清麿を祀る霊社に対し、嘉永4年(1851年)3月15日に正一位護王大明神の神階並びに神号を宣下された。

 

明治7年(1874年)12月22日 護王神社と改称、別格官幣社に列格。

明治19年1886年)社殿を新造して今の地に遷座。 

 

昭和23年(1948年)神社本庁別表神社に列格。

 

 

アクセス

自動車

  • JR京都駅 から 自動車10分

徒歩

 

 

 

 

出典

神道大辞典』平凡社昭和12年

護王神社パンフレット

 

公式ホームページ:

www.gooujinja.or.jp

 

 

 

平成30年(2018年)3月14日奉拝。