神社奉拝

官国幣社巡りの記憶

八坂神社

京都府京都市東山区祇園町に鎮座する神社。

二十二社(下八社)。旧官幣大社

素戔嗚命稲田比売命・八柱御子神を祀る。

例祭は6月15日。

 

 

f:id:english_maf:20181231141439j:plain f:id:english_maf:20190217104334g:plain

ご神紋は「五瓜に唐花」(ご神紋の画像は家紋市場より)。

  

 

 

参道と境内

境内まで

京都市の主要な東西の通りの一つである四条通の東の突き当たりに鎮座する。ちなみに四条通の西の突き当たりは松尾神社である。

f:id:english_maf:20181231141824j:plain

 

社号標

大正5年5月、山田得多による書とある。嘉永5年(1852)3月讃岐出身の書家で、京都に居したらしい。

f:id:english_maf:20181231141937j:plainf:id:english_maf:20181231142055j:plain

 

  

西側の楼門。屋根はもともと檜皮葺であったのが本瓦葺に改められている。重要文化財

f:id:english_maf:20181231141848j:plain

f:id:english_maf:20181231143529j:plain

f:id:english_maf:20181231143606j:plain

 

 

南側にも楼門がある。

f:id:english_maf:20181231144635j:plain

f:id:english_maf:20181231144550j:plain

 

境内 

手水舎 

f:id:english_maf:20181231144151j:plain

 

獅子・狛犬

f:id:english_maf:20181231144104j:plain

f:id:english_maf:20181231144020j:plain

 

 

拝殿

正面三間側面三間入母屋造平入、銅板葺素木造。

f:id:english_maf:20181231144419j:plain

f:id:english_maf:20181231144448j:plain

 

 

本殿

祇園造、檜皮葺。重要文化財。南を向く。

f:id:english_maf:20181231145154j:plainf:id:english_maf:20181231145308j:plain

f:id:english_maf:20181231145157j:plain

 

 

社務所

f:id:english_maf:20181231150114j:plain

 

摂社・末社

疫神社

疫病除けの神(蘇民将来)を祀る。西楼門を抜けた先に鎮座。

f:id:english_maf:20181231150509j:plain

 

大国主

本殿西側に鎮座。もと後見殿。 

f:id:english_maf:20181231151929j:plain

 

 

美御前社

本殿東側に鎮座。祭神の三女神。

f:id:english_maf:20181231152300j:plain

 

悪王子社

本殿東側に鎮座。祭神の荒魂。

f:id:english_maf:20181231150714j:plain

 

太田社・白髭社 

疫神社の北隣に鎮座。

f:id:english_maf:20181231151125j:plain

 

厳島

本殿北側に鎮座。

f:id:english_maf:20181231151415j:plain

 

日吉社

境内北東に鎮座。

f:id:english_maf:20181231152453j:plain


 

大神宮社

本殿東側に鎮座。

f:id:english_maf:20181231151600j:plain

 

大年社

本殿西側に鎮座。

f:id:english_maf:20181231152815j:plain

 

 

北向蛭子社

西楼門から本殿に至る道の途中に鎮座する。

f:id:english_maf:20181231152958j:plain

 

十社

阿蘇社・松尾社・諏訪社・春日社・金峰社・香取社・愛宕社・白山社・熊野社・多賀社を祀る。

f:id:english_maf:20181231153224j:plain

 

  

由緒 

清和天皇貞観18年(876年)、常住寺の僧十禅師円如大法師が神の託宣により移し奉ったのを初めとし、その後、藤原基経が威験に感じて精舎を建立した。

天慶5年(942年)6月東遊・走馬十列等を奉って、先に祈念下東西賊徒の奉賽とせしめられた。

天禄3年(972年)6月15日、円融天皇御疱瘡の祈によって御霊会を勅会となし、走馬・勅楽を奉らしめられた。

天延2年(974年)天台別院とせられ、南都興福寺の支配を受けて来た関係を断つ。

延久4年(1072年)3月、後三條天皇稲荷と共に行幸の例を開かれ、この後両社は相共に行幸を催さるるを定めとした。

天治元年(1124年)6月、崇徳天皇御霊祭の奉幣を復して永例とし、之を臨時祭とせられた。

室町時代において、北野とともに将軍家の産土神たるの地位に居り、三代義満の崇仰は深厚を極めた。

江戸時代を通じて朱印領140石を領した。

明治3年(1870年)2月9日 神祇官勅祭社(中祭)に列格。

明治4年1871年)5月14日 八坂神社と改称、官幣中社に列格。

大正4年(1915年)11月10日 護王神社と改称、官幣大社に昇格。

昭和23年(1948年)神社本庁別表神社に列格。

 

  

アクセス

バス

自動車

  • JR京都駅 から 自動車11分

徒歩

 

 

 

 

出典

神道大辞典』平凡社昭和12年

 

公式ホームページ:

www.yasaka-jinja.or.jp

 

 

平成30年(2018年)3月14日奉拝。